愛犬家住宅実例紹介

犬と人の動線の重なりを解消した使い勝手のいい犬散歩用玄関

神奈川県横浜市 K邸(前編)

6頭の犬に囲まれて毎日を賑やかに過ごす奥様と営業の松岡。

こんにちは。「犬と暮らす家」スタッフの筒井です。
神奈川県横浜市に暮らすK邸の事例を2回に分けてご紹介します。
まずは前編からどうぞ。
元気な男の子のお孫さん3人を含む人間家族7名と、大型犬2頭(黒ラブ、ミックス)、小型犬4頭(ミニチュア・ダックス、チワワ、シーズー、ヨーキー)が暮らす大家族のK様。

メンテナンス性を重視する施主様の要望に合わせ、リビングダイニングの床は、キズがつきにくく、ワックスフリーで空拭きをするだけでよい「RMガードフロア」をチョイス。目地は汚れがたまりやすいので、木は幅広いものに。インナーテラスは、ニオイがつきにくく、掃除しやすいタイル(INAX社の「ブリケージ」)を貼った。

まず必要になったのは、大家族が集まるのに十分な広さのあるLDK。小型犬のサークルがあるタイル貼りのインナーテラスも合わせると、約30畳もの広さがあります。この大空間を実現するために、柱なしのロングスパンが可能な鉄骨ラーメン構造(スーパービーム工法)を採用しました。簡単にいうと、外側の骨組で立っているので、大黒柱がなくても大丈夫という構造です。犬も含めた家族の多い施主様も、広々としたワンフロアで、賑やかにのびのびと暮らしていただいています。
インナーテラスには、息子さんが手作りされた小型犬用のサークルが置いてあり、この日当たりのよい特等席は主に小型犬の居場所となっています。

風の方向を計算し、部屋に犬のニオイがこもらないように窓を配置。

大空間を作るのに一番気をつけたのは「換気」。犬のニオイがこもらない、快適なリビングにするためには、窓(換気)は大事なポイントです。コーナーサッシや大開口窓など、自由に窓をデザインできる工法を活かして、風の向きや角度を計算し、風通しがよくなるように窓を配置しました。

筒井俊介 一級建築士 住宅ローンアドバイザー

ミサワホーム東京株式会社 横浜南支店 横浜南営業部 港南台営業所

所在地
〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台4-23-1
電話番号
045-833-3434
メールアドレス
shunsuke_tsutsui[アットマーク]misawahome-tokyo.co.jp

お住まいづくりは一生において大きな買い物です。その中で「こうしておけばよかった」などのお言葉をいただくことのないように、今までの経験を活かして日々ご提案をさせていただいております。おかげさまで多くのお客様のお手伝いをさせていただきました。家族みんなの笑顔の絶えない、後悔のない理想のお住まいづくりをお考えでしたら私にお任せください。