バリアフリー

段差の少ない家は犬にもやさしい

犬も人同様、足腰が弱ったときの事を考えて室外・室内共に、不要な段差をなくす工夫をしておくと安心です。例えば庭アプローチの階段なども、スロープにしたいところですが、スペース上難しい場合は、一段一段の高さを低めにしたり、階段の途中で休めるよう踊り場を設けるなどするとよいでしょう。

この提案が参考になった人はクリック

  • 参考になった

0