犬ゲート

進入禁止エリアを明確に

玄関先、キッチン内、階段など、犬に入って欲しくない場所にはゲートを設置しましょう。トレーニングをするうえでも、ゲートがある方が犬にも境界線がわかりやすくよいでしょう。落下事故、飛び出し、誤飲など生命の危険に及ぶ事故を防ぐことは重要で、かつ、日々の階段利用を制限することで椎間板ヘルニアなどの病気を予防するというメリットもあります。

この提案が参考になった人はクリック

  • 参考になった

0