照明計画

犬の寝床は明るすぎないように

照明の快適性については、ペットのために特別なことをする必要はないと思われますが、犬の体高、目の高さを考えたり、犬の寝床付近の照明を部分的にOFFできるようにしておくとよいでしょう。また老犬になると視力が落ちてきます。トイレと寝床の距離が離れている場合、通路に足元灯があるとよいでしょう。

この提案が参考になった人はクリック

  • 参考になった

0