門扉・フェンス

高さと隙間寸法に気をつける

脱走を防ぐ門扉選びのポイントは、小型犬の場合、隙間寸法が頭の大きさ以下のもの、中・大型犬の場合は、飛び越えられない高さを選ぶことです。また、通行人(子ども)が手を入れられないような形状への配慮も必要です。更に急な飛び出しによる交通事故を防ぐためにも、門扉は道路から一歩奥まった位置につけた方が安心です。

この提案が参考になった人はクリック

  • 参考になった

0