いい住まい研究プロジェクト TOP

トップ > 快適な夏の過ごし方

dog design home

dog life tips

快適な夏の過ごし方

「快適な夏の過ごし方」のアイデアの中で、エアコンはなるべく使いたくない、なるべく通風・換気のいい家を、という意見が多くあるようですが、共働きの方など家を留守にすることが多い方は、留守中に窓を開けておくというのは、防犯面で心配だと思います。

そこで、風の通り道を考えた窓の配置以外に、開口部のサイズと天端(取り付け高さ)に工夫されることをおすすめします。

続きを読む

080728_grid

前回に引き続き、みなさまからお寄せいただいた「快適な夏の過ごし方」のアイデアをご紹介します。今回は、こんなことができたらいいなというアイデアです。

続きを読む

080728_cool_mat

今年の夏も、連日暑いですね。わが家の13歳半のコーギーは、この暑さでダウン気味。今までの夏はこんなことはなかったのですが、さすがに老犬にはこたえるようです。みんなの愛犬は大丈夫ですか? 若い犬は暑くたって元気爆発!だと思いますが、老犬や子犬、また心臓などに持病のある犬には厳しい季節です。ご自愛くださいね。

暦の上では7月22日頃の「大暑」から8月8日頃の「立秋」までの間が、1年のうちで最も暑いとされています。近年は、地球温暖化の影響による異常な暑さや都市部のヒートアイランド化などのせいで、昔の暦とはまた違った厳しさがありますが、ともあれ犬にとっても人にとってもつらい季節です。

でも、そんな暑さを吹き飛ばす、涼しいアイデア&愛ある工夫のヒントをみなさまからいただきました。今回と次回は2回にわけてそれらの一部をご紹介しましょう!

続きを読む

080721_mesh_cage

暑いです。朝のお散歩も早起きしないと。朝日が上がるのも早いので「朝だー、散歩だー、暑くなる前に行こうー、起きろー」と愛犬に起こされる飼い主さんも多いようです。犬の要求に従うのはしつけ上よくないですが、もう8時にもなるとじゅうぶん暑くて、犬には過酷。アスファルトを触ってみるとわかります。

路面の輻射熱をおなかに受けやすい小型犬や足の短いコーギーやダックス、鼻ぺちゃで暑さに弱いフレンチブルやボストン・テリアなどの飼い主さんはとくに頑張って早起きするしかありません。でもどうしても夏場の散歩量は少なくなりがち。何か代わりになるような犬へのプレゼントはないかしら?

続きを読む

080709_sudare_2

(A太郎、B子。ともにイタリアン・グレーハウンド)

梅雨時期も蒸し暑いですが、子どもの夏休みシーズンにもなると太陽の日ざしも本格化。さらに、台風でもないのにバケツをひっくり返したような大雨が降ったりして、室外飼育の犬はとくに心配な季節です。

最近は、地方でも室内飼育率が年々増加傾向にあるようです。それでも慣習上、防犯上、庭や玄関先で飼っている家庭もあると思います。自然の風を感じ、穴掘りなんかも楽しめちゃうのは犬も楽しいはずですが、前回お伝えしたように犬は熱中症になりやすいので注意してくださいね。

続きを読む

080610_cool_floor

じめじめの梅雨が明けたら、本格的な暑い夏!

人間にとっては「夏休み〜♪」「海水浴〜♪」「ビアガーデン〜♪」など、暑いからこその楽しみがいっぱいあるシーズンだけど、でも犬たちにとってはツライ季節の到来なんですよね。知ってました?一般的に、犬は寒さには耐えられるけど、暑さにはとても弱いと言われています。それだけに熱中症にもなりやすいから注意してあげないと!

でも、だからこそ犬は涼しい場所を探すのが得意。
さて、いまお宅の犬はどこで寝ていますか?

風通しのいい廊下、ヒンヤリ冷たい玄関のたたき、北側にあるタイル貼りのお風呂場、扇風機の前……ちゃんと本能的に涼しい場所を選んでいるはず。犬は涼をとる名人ですよね。

ただ自然の風がいちばん体に優しいと思うんですが、窓を開けっ放しで外出するのは防犯上難しいご時世。しかし閉めきった状態は……サウナと同じです。おうちでも車でも密閉空間というのは熱がこもりますよね。だから飼い主がお出かけしている間も、留守番をしている犬のためにエアコンを使うことも多くなってきたのではないでしょうか。

続きを読む