いい住まい研究プロジェクト TOP

トップ >  庭・エクステリアのアイデア > 庭・エクステリアのアイデア (2) - 脱走対策は何より大事

dog design home

dog life tips

090413_gate

庭でノーリードにするのなら、脱走対策は欠かせません。自治体で差はありますが、基本的に日本では法律上、未だ「犬は鎖でつなぐこと」とあるくらいなので、もしも愛犬が脱走してしまったら、その法律の下、犬は捕獲・抑留されてしまいます。

また目先の身の危険としては、交通事故や迷子。電車に轢かれてしまう例も聞きます。こうした痛ましい事故を絶対に回避するために、脱走対策をしっかりとりましょう。

脱走、開けっ放し、そして誘拐も!?

玄関ドアから飛び出さないように、ゲートを設置した上、庭にも2重の扉。庭で放しているので、来客があっても犬のエリアには入れないよう、扉を別にした
(埼玉県/ボクサー)

先日、ボクサーのブリーダーさんのおうちを訪問しましたが、二重扉&高いフェンスになっていました。ボクサーはジャンプ力があるそうで、大人の身長くらいの高さのフェンスなら短い助走で軽々飛び越えてしまうとか。後肢が長くて、アキレス腱が長く頑強な犬ほど、跳躍力があります。犬のずば抜けた運動性能を考慮した上で、犬種に応じた対策をとることが大事ですね。

外部の人(郵便、新聞、宅配便など)の不注意による逃走が心配
(沖縄県/ミックス)

ああ、そういうこともありますよね。門扉があるのに、閉め忘れられているケース。非常に困りますよねぇ。危ないです。外部の人は開けない、犬用のエリア専用のゲートをもうひとつ設置すると安心ですね。

犬は道路に出られないけれど、開放感やデザインを損なわないような外構
(新潟県/ミニチュア・ダックスフント)

せっかく夢のマイホームを建てるのですから、デザイン性も疎かにはしたくないですよね。以前取材した大型犬2頭のおうちでは、よい香りのするレッドシダーというきれいな赤茶色の木材で柵を作っていました。ラティス状に組んで、ツルバラなどのガーデニング資材兼犬の脱走防止フェンスにするのも素敵かも。

庭に出すと、犬を盗難されるのではないか
(広島県/チワワ×3)

そうですねっ、自らが脱走するのではなく、誘拐されるという危険もありました!そういえばいま思い出しました。かつてグレート・デーンのブリーダーさんのおうちの庭から、デーンの子犬が盗まれたことがあります。柵もあったし、デーンといえば子犬でもすでに十分デカイのに、それすら盗んでいく人がいるんですよ。世知辛い世の中です。

いやはや、いろんなことを考えさせられるテーマです。どんな対策ができるのか、もっと知りたいですね。

-------------------------

プレゼントのお知らせ

今月のアンケートテーマは「近隣への配慮」です。アンケートに答えてくれた方の中から、抽選で1名様に高性能脱臭機をプレゼント外れた方にも抽選で10名様に図書カードをプレゼント!

また、「犬と暮らす家」をテーマに、犬が好きな場所や、犬のために工夫しているところの写真投稿をお待ちしています。投稿くださった方の中から、ミッフィー図書カード500円分を毎月抽選で10名様にプレゼントします!

-------------------------

【関連記事】

« 砂利石なら、泥がつかず雑草防止にも | トップページ | 事故や近隣トラブルを防ぐ外構計画のポイント »

その他の事例紹介