いい住まい研究プロジェクト TOP

トップ >  キッチン・ダイニングのアイデア > キッチン・ダイニングのアイデア (3) - 食卓でのおねだり&盗み食い

dog design home

dog life tips

090316_kotatsu

犬と暮らしていると、ちゃぶ台生活は厳しいですね。おねだりも盗み食いもしない、しつけの行き届いた犬もなかにはいますが……犬にとって食べ物は最高の楽しみですからねぇ、すぐ届くところにあると食べたくなるのが本能です。犬が悪者にならないよう環境を整えてあげることも正しい親の務めではないでしょうか。

ローテーブルはあきらめた

冬は寒いのでコタツで食事をしたいが、テーブルの上に犬が上がってしまって、食べ物を食べてしまうので、高さのあるダイニング・テーブルで食事をしている
(埼玉県/トイ・プードル)

帰省先の実家では、畳の上でちゃぶ台で食事だから、食事中は犬をつないでおく
(広島県/コーギー)

犬と暮らしていると、犬種サイズに関わらず、ローテーブルでの食事は難しいですね。私の犬友達の家庭を思い浮かべてみても、ほとんどダイニング・テーブルで食事しています。

また、ちゃぶ台で食事していると、犬と目の高さが同じになり、「おかずちょうだい」という熱い視線を送ってきますよね。そのおねだりについつい負けて、人間のおかずを与えてしまう飼い主さんも多いのではないかと思います。でも人間の食べ物は塩分も濃いので、犬にあげるのはNG。そのうえ犬の方もおねだりが成功すると、次も必ず「ちょうだい、ちょうだい」と言ってきますよ。最初から心を鬼にして、一度もあげない、これがしつけの基本です。

でも、親心が揺らぐ気持ちもよくわかります。だから犬のためにも自分のためにも、ローテーブルはあきらめて、高いダイニングテーブルにする方が手っ取り早いと思います。

しかし、高めのダイニング・テーブルでも大型犬は届いてしまう子もいるし、「食べ物命!」の子は小型犬でもジャンプしてでも食卓の上の物を狙ったりします。盗み食いが成功しないように、人が食卓にいないときは、食べ物を置きっぱなしにしないこと。これも誤飲の事故や盗み食いを防ぐ大事なルールです。あれ?もしかして、犬のトレーニングじゃなくて、人間家族のトレーニングかもしれないですね!?

写真協力/佐藤野子(ウェルシュ・コーギー・ペンブローク)

-------------------------

プレゼントのお知らせ

今月のアンケートテーマは「庭・エクステリアのアイデア」です。アンケートに答えてくれた方の中から、抽選で1名様に高性能脱臭機をプレゼント外れた方にも抽選で10名様に図書カードをプレゼント!

また、「犬と暮らす家」をテーマに、犬が好きな場所や、犬のために工夫しているところの写真投稿をお待ちしています。投稿くださった方の中から、ミッフィー図書カード500円分を毎月抽選で10名様にプレゼントします!

-------------------------

【関連記事】

« ビルトイン式ゴミ箱がオススメ | トップページ | インテリア計画も犬の行動を考慮する »

その他の事例紹介