いい住まい研究プロジェクト TOP

トップ >  お風呂・洗い場のアイデア > 洗髪用の排水金具を用いるなどを検討

dog design home

dog life tips

シャンプー時の抜け毛の片付け、毛詰まりで悩みや不安を抱える飼い主さんは多いようです。長毛種や下毛の厚いダブルコートの犬(柴犬やコーギー、ハスキー犬など)はもちろん、多頭飼育のご家庭ではより深刻な問題であるかと思います。

しかし残念ながら、犬のシャンプーでの抜け毛を前提とした専用の排水器具は、いまのところ無いのが実情です。排水管が詰まると修理代が高額なだけでなく、被害も大きいため、ここでは排水管にできるだけ毛を流さないようにするための対策を挙げたいと思います。

まず浴室の場合、排水口を大きく、排水管を太くして出来るだけ詰まりにくくしたいところですが、一般に多く普及しているユニットバスの排水設備をカスタマイズすることは不可能であるため、ヘアキャッチャーを二重に取り付けるなど、排水目皿部分で抜け毛をキャッチするようにしたいものです。

洗面台でシャンプーをする場合なら、洗面台の種類を通常タイプではなく洗髪用のものや、業務用流しを転用するなどの対策が考えられます。これらに使用されている排水金具は、通常のものより汚水中に毛髪等の異物がある前提での設計となっているため、より排水管への抜け毛流入を防ぐ効果があると思われます。

以上の対策を講じたとしても、排水管には抜け毛が流入してしまうものです。毛髪を溶かす効果のある市販の専用洗剤等を用いて、犬を飼っていない御家庭以上に、こまめに清掃していただくことをおすすめします。

« お風呂・洗い場のアイデア (1) - 排水口の毛詰まり | トップページ | お風呂・洗い場のアイデア (2) - 中腰で洗うと腰が痛い »

その他の事例紹介